大瀬崎ツアー報告(2018/09/09)

すっかり秋めいてきましたが、
気温は上がったり下がったりと体調を崩しやすい気候ですね。
くれぐれも体調管理にお気を付けください。
先日の大瀬崎の様子です。

今回は浅場をじっくりフォトダイブでしたので、伊豆定番種と向き合いました。
まずはカワハギ。

アカハタの幼魚は、今のうちだけです。
チョロチョロとすぐに隠れてしまいますが、可愛い個体が多いのでお勧めです!

コケギンポ、まだまだ小さい個体なのですが、その場から動かないのでじっくり撮影できます。
ふとした瞬間の可愛らしい表情を狙ってみるのも楽しい被写体です。

ソラスズメダイが卵を守っていました。もう終盤ですが、せっせと世話を焼いていました。
卵と合わせて撮るのは難しいですが、世話をしている瞬間を狙うといいかもしれません。
ヒレや口を使って、卵の世話をしている様子が観察できます!

よく観察できるキンギョハナダイです。
オレンジ色が綺麗で、アイシャドウが入っているような目元も魅力的な魚です。
動き回り撮影は難しいですが、撮影できればこんなにきれいです。
撮れたら、嬉しくなっちゃいますね~♪

秋と言えば、甲殻類も増えてくるシーズンです。
写真はイボイソバナガニ。
水中で紹介されても初めて見る方は、なかなかその姿を把握できない生物です。
動かないので、撮影はしやすいので時間をかけて色々な撮り方をしてみると面白い被写体です。
是非遊んでみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です